交通事故・ケガに対する治療、小・中・高・大学運動部員の身体メンテナンスとケガ予防と治療の水戸市赤塚駅前の整骨院

施術ご案内

早期に改善できる
最適な治療を提案します

アクチベーター

主に骨格の歪み・自律神経に有効

アクチベータを受けるウサイン・ボルト選手

アクチベーター・メソッドとは、カイロプラクティックの手法の一つであり、本場アメリカで、信頼されているテクニックです。


神経の流れに着目し、神経がお休みしている部分を探し出し、直接働きかける事によって、神経の命令が身体全体に伝わる様になり、筋肉がしっかり働いて、骨格を正しい位置に戻し、症状を改善する事が可能です。


骨格や筋肉の異常はもちろんの事、身体の歪みを取り、正常な位置に戻すことで内臓や自律神経系の疾患などもバランスがとれて、真の健康を引き出す事が可能です。


「ボキボキ」したりせず、弱い振動刺激のため、痛みなく、そして子供からご年配の方まで安心して施術を受ける事が可能です。


クラニアルテクニック

主に頭蓋骨・顔の歪み自律神経に有効

クラニアルテクニックとは、頭蓋骨の縫合(骨と骨との繋ぎ目)を動かすことによって、頭蓋骨の中に収まる脳の働きを回復させ、身体の不調を改善するテクニックです。頭蓋の縫合を緩め、頭や顔の歪みを治すことで、脳から仙骨までつながる硬膜の歪みを整え、脳脊髄液の流れを正常に導くこと。これが、クラニアルテクニックの真の目的です。


脳脊髄液とは、脳でつくられ、脊髄を伝わって全身に行き渡る、言わば「身体を滋養するお水」です。このお水は、頭部から脊髄を通って仙骨までの間を呼吸に合わせて循環し外部からの衝撃を和らげ中枢神経を守っています。また、脳脊髄液は神経に栄養を与え、老廃物を取り去る役割も担っています。このため、その流れが滞るとカラダに様々な不調を引き起こします。我々の生命活動には、脳脊髄液の循環がスムーズに行われることが、非常に重要なのです。


クラニアルテクニック(頭蓋骨矯正)とは、優しいタッチで頭蓋骨にアプローチしながら、脳脊髄液や体液全般の循環を促し、自然治癒力を増強させて症状を改善する療法です。正しく循環することで内臓や筋肉、神経に栄養を与え老廃物を回収することで、脊髄の新陳代謝を行っています。この循環が悪くなると、身体が不調を感じやすくなります。これは、頭蓋骨が固かったり、硬膜の捻じれや歪みが原因で悪くなってしまいます。これにより、腰痛、首や腕の痛み、また不妊や鬱、自律神経の乱れなどの症状が出てきます。この脳脊髄液の流れをスムーズに循環させるように頭蓋骨にアプローチすることで、これらの症状を改善し、健康な身体に整えていきます。

仙腸関節、腰仙関節アプローチ

主に骨盤の歪み.自律神経に有効

仙腸関節とは、骨盤を形成している腸骨という骨と背骨(腰骨) の一番下にある仙骨という骨から構成している関節です。仙腸関節は1~2ミリ程度の動き(遊び)があります。この動きが“ひっかかる”状態になると(遊びがなくなる)、腰痛や足のしびれなどの症状がでてきます。これを関節機能異常といいます。腰痛または坐骨神経痛の原因の約9割は、仙腸関節の動きの障害によって起こっているというぐらい、仙腸関節は注目されており、治療上大事な関節になります。しかし、過度に仙腸関節に治療アプローチをしてしまうと、痛みや違和感を引き起こしてしまうこともあり、治療が難しい関節でもあります。


腰仙関節は第五腰椎の下関節突起と仙骨の上関節突起が連結する平面関節です。第五腰椎は腰椎の中では最も大きく、また、ぶ厚い椎間板を有しているのですが、第五腰椎は脊柱の中では最も荷重ストレスを受けやすい場所として知られています。そのため、他の腰椎に比べ、椎間板ヘルニアの発症頻度がとても高い場所で特に前屈などの動作時に強く負担がかかる場所です。

お腹整体

主に自律神経に有効

現代社会において暴飲暴食、偏った食事、睡眠不足、家庭環境・職場環境でのストレスや悩み、大気汚染など身体に負担がかかるケースが多くみられます。これらにより、血液(体液)の質・循環、ホルモンバランスの崩れ、ストレスや悩みが続くことで自律神経の調節が乱れたりします。私たちの内臓は、血液の循環・ホルモンバランス・自律神経の調節など様々な働きをしています。


内臓疲労・内臓の負担・位置以上(ゆがみ)により日常生活での疲れや痛みなど様々な問題が起こります。現代社会、様々な問題で内臓に負担がかかります。身体の中に負担が蓄積されれば、身体の外(筋・骨格)にも影響します。これからの時代、身体の中から治療するお腹整体が必須になってきます。

マッサージ、ストレッチ

主に自律神経に有効

マッサージ・ストレッチを行うと身体の緊張がほぐれて、リラックスした状態になります。そうなると、心身の健康に大きく関係している自律神経のバランスに、良い影響を与えます。


身体の不調は血流の低下が原因で起こることが多く、マッサージ・ストレッチはこの循環を改善し新陳代謝を促進させることができます。ストレスを解消するリラクゼーション効果もあります。

関節・筋膜ロック矯正

関節ロック矯正

私たちの身体には骨と骨を結ぶ約200の関節があります。その関節のひとつひとつには目に見えない小さな隙間があります。骨と骨の接触面はピタッと密着しているのではなく、わずか数ミリ程度の隙間があるのです。この隙間は関節の動く角度や受ける衝撃などによって変化することから、「関節の遊び」と呼ばれています。"何らかのきっかけ"によって関節の遊びが減少すると、これが「関節ロック」となり痛みに繋がることがあります。


「関節ロック」は,どのような場合でも解剖学的,構造的な異常により発症しています。したがって評価と治療を行う際には,解剖学・生理学・運動学・触診の知識、技術が重要になります。

筋膜ロック矯正

筋膜とは、身体のすべてを覆っているネット状の繊維です。骨や筋肉・内臓・神経・血管などを覆い、身体の表層から深層まで身体の隅々まで立体的に支えています。第二の骨格とも言われている程、身体を支える為に必要なもので、重要な働きをしています。


筋膜は浅筋膜・深筋膜・筋外膜・筋周膜・筋内膜と連続して層になっており、すべての筋組織はお互いに滑りあうように動きます。筋膜には筋肉を保護する作用、筋収縮時の滑りを助ける作用、血管や神経、リンパ管を支えて通過させる機能があります。


非対称な姿勢や動作をとり続けることや同じ姿勢を長時間とり続けること、怪我などによって身体の一部に負担がかかり、身体がアンバランスな状態となると筋膜が自由に動けない「筋膜ロック」状態になります。すると筋膜のよじれが生じて筋膜と皮膚・筋肉との間の滑らかな滑りが失われます。


皮膚のすぐ下の表層部から、骨近くの最深部に至るまで、全く途切れることなく連動・連結している体組織“筋膜”。皮膚から骨にかけて連なる筋膜にアプローチすることで、最深部の筋膜ロック(痛みの原因となっている筋肉の固いところ)をダイレクトに取り去るので、治療効果がかなり高い治療法です。

「Hi-Voltage」ハイボルテージ・「MCR」マイクロカレント治療

電気刺激療法で、高電圧の刺激が深部に浸透する「Hi-Voltage」と、微弱な電流で創傷の治癒を促進する「MCR」の2つの電気刺激を患部に与えます。


Hi-Voltageとは、高電圧で短時間に加えられたツインピーク波形の電気刺激が、皮膚に抵抗を与えずに深部組織まで到達し、疼痛の軽減・治癒促進などに利用できます。


MCRとは、もともと人体に存在する電流に似たマイクロ電流を体内に流すことで、筋肉に刺激を与えます。ほとんど刺激を感じない極めて弱い電流で神経や筋を興奮させないため、運動後の筋肉痛の軽減に有効です。

Copyright © 2012-2020 水戸市赤塚駅前 整骨院. All rights reserved.